お渡りが鳥居をくぐって出た所が「上街道(かみかいどう)」で、200名にもおよぶ行列は、数百mにわたり、
「矢はぎ塚」を右に見て、鉦を撞木(しゅもく)で叩いて「チャンチャン」鳴らし、南へ向って天理<
市岸田町の方へ進み、神幸の途中で神輿は、岸田町市場の置台(腰かけ石)に立ち寄り、降ろして一服され、
休息が終わると、お渡りは「上街道」を南へちょっと進んで左へ折れ、国道169号線を横切り、
田圃の畦道を通って中山町のお旅所へ至ります。